政策・実績

佐野よしあきのビジョン・政策

私は、川崎を一人ひとりが、本当に幸せに生きることができる希望の故郷にしたい。

「一つでも不幸がある限り、本当い幸せになることはできない。」
21世紀の自治体の目指すべき方向こそ、一人ひとりが幸せになる社会だと思います。

また、川崎市は、殿町の特区で新薬研究に力を注いでいます。しかし、新薬研究は、川崎市でなくても出来ますが、。大事なことは、新薬研究によって命ながらえることができたとき、そのながらえた命をどう幸せに生きるのかを考えること。こんなに長生きするんじゃなかったという社会の課題を解決すること。この仕事は、自治体にしかできません。自治体の使命は、「住民の福祉の増進」つまり、その究極の形が、市民一人ひとりが本当に幸せになることではないかと思います。

そんな希望の故郷、川崎市をつくるために、全力を尽くします。

①災害から市民を守れる川崎にしたい。

●木造住宅の耐震改修助成制度を拡充して、建物倒壊による死者をなくす。

●一部屋耐震改修や耐震ベッドも補助対象にして、生活弱者を犠牲者にしない。

●臨海部コンビナートの液状化対策を強化して、油流出を防ぐ。

●災害発生後、障がい者が直接避難できる福祉避難所の指定する。

②未来ある子どもたち一人ひとりを大切にする教育を実現して、子どもたちに希望が持てる故郷にしたい。

●子ども医療費無料化を所得制限なしで中学生まで

●認可保育園の増設で待機児解消

●幼稚園の保育料補助増額、入園料補助創設

●35人以下学級を広げます。

●教員を増やして、元気に働ける環境を作ります。

●学校施設の営修繕費の大幅増額します。

③市民を励まし、市民に寄り添い、だれもが持てる可能性を引き出し、本当に幸せに暮らせることができる川崎にしたい。

●一人ひとりのやりがいや誇りを大切にして、その可能性を引き出せる自立支援の体制を強化したい。

●あらゆるトラブルにワンストップで対応できる相談センター機能を強化する。

●高齢者も障害者も制約を数えるのではなく、可能性を引き出し、とことん幸せに暮らせる介護・医療・福祉を連携させたシステムを構築する。

●特別養護老人ホームの緊急増設

●介護保険料・利用料の負担軽減

●介護・福祉職員の待遇改善

●障がい者の入所施設を川崎南部につくります

●小田地区から市立病院を通り、区役所・市役所 までのバス路線を

④市民相互の絆を取り戻し、まちに活気と賑わいを取り戻したい。地域経済を立て直したい。

●商店街のイベントは、地域経済の活性化の面だけではなく、街の賑わいにもつながっています。今後、市民参加の取り組みとして、市民相互の交流の場として活用します。

●Think Small First(中小企業こそ地域経済の宝)

●住宅リフォーム助成制度の創設

●建設業の振興策で商店街とタイアップを

●町工場の家賃など「固定費」補助の創設

●プレミアム付き商品券の低所得者への発行補助(1万円券を5000円で販売)

●商店街イベント助成の拡充

●臨海部コンビナートの防災対策の強化、住宅の耐震化策の拡充で、地域経済を活性化させます。

「課題解決先進都市」を目指して!

市民一人ひとりの可能性をとことん信じて寄り添い、可能性を引き出すことができれば、川崎市は必ず輝くと信じています。

 

安倍政権の暴走ストップ!

●消費税10%への増税は中止に

●医療・介護・年金の改悪反対

●原発の再稼動は許さない

●平和憲法9条を守り、戦争する国づくりを許さない

佐野よしあきの実績

人柄、実績などをご紹介したパンフレットをご覧ください(2014年12月発行、PDF)