ちょっと一言

2012年 歴史を前に進める変革の年に

2012年1月1日

201201011044000

新年あけましておめでとうございます。

新たな年を皆様はどのように迎えられているでしょうか。

私は、これまで経験したことがない昨年1年間の後悔と願いを、新たな年につなげてまいりたいと心に刻んでいます。

昨年は、東日本大震災という未曽有の災害、福島第一原子力発電所の事故を通して、「こんなことがあるのか」と信じられないような自然災害の脅威に、無力感を感じるほどの思いに打ちのめされました。もし首都圏で、もし川崎で、このような震災が発生したら、いったいどうなるのか。これまでは、京浜臨海部の危険性について意識しながらも、どこかで「川崎は大丈夫」という何の根拠もない思いがありましたが、一気に吹き飛ばされました。

また、政治に対しても、いったい誰のための政治なのか、震災後の対応、原発事故の対応に接して、改めて政治の在り方が問われた年だったと思います。

一方、東日本大震災で傷ついたこの日本で、「人は人、自分は自分」「なるようにしかならない」と考えていた日本人が、苦しんでいる人たちをほっとけない、絆が大切と被災地に心を寄せて、行動に立ち上がりました。人々の中から湧き出す力が、一つになって、各地で思いもかけぬ「奇跡」を生み出していました。

そして、国や行政に対して積極的に怒りを要求にして、行動に立ち上がる人たちの輪が広がった年だったとも思います。

今、日本は歴史的な分岐点を迎えています。私たち一人一人が、何を選び、どう行動するかが、その後の日本の歴史を大きく変える時を迎えています。

震災前から日本の厳しい現状は指摘されてきましたが、震災後より一層その深刻な事態へのスピードは、加速しているように感じられます。閉塞感を打開するためには、これまでの延長線では、もうどうにもならない事態になっているように思います。

一方で、国の政治は、財界やアメリカの意向に支配され、震災後の混乱のどさくさに紛れて、国のあり方まで大きく変えようとしています。
だからと言って、何もかも無視して突き進むやり方では、破壊の現実を広げるだけではないかと思います。

私たちは、こういう時にこそ、世界的な視野を持って、「一人一人の可能性が最大限に引き出され、一人ひとりが本当に幸せであることこそが、社会全体の幸福となる」そんな日本への展望を持って、道なき道を切り拓いていきたい。そう心から願っています。

自転車と同じで、こちらが前に進めば進むほど、風当たりは強くなります。

そう考えて、今年は、「変革の年」となるように、私はあきらめずに一歩ずつ進んでいきたいと思います。

佐野よしあき