活動レポート

私立幼稚園保育料補助の拡充について([予算議会討論」から)

2013年3月19日

文部科学省は2013年度、私立幼稚園保育料補助単価のDランクの1人目の就園児について1万2,400円増額し、6万2,200円に引き上げました。しかし、市は単独加算を9,400円も減額したため、結果的に補助は3,000円の増額にとどまり、6万6,700円としました。本市の入園料及び保育料の平均額は20政令市中最も高額のうえ、新年度も合計で2,955円値上げされ、入園料と保育料を合計すると48万7千円余にのぼります。国の補助金額が上がってもほぼ同額が値上げされますから保護者の負担軽減にはなりません。市の加算額を今年度と同額にし、負担軽減を拡充すべきです。