活動レポート

リニア中央新幹線の説明会に参加しました。

2013年7月24日

火災等災害時の避難計画についても、40メートルもの地下を、1000人もの乗客を5キロ毎に設置された地上への非常口へどうやって安全に誘導するのか?
電磁波の人体へ影響はないのか?大量の残土処理は、どうやって処理するのか?採算はとれるのか?土地の資産価値が下がることについて、補償してくれるのか?という質問に、安全最優先でやるとか、国が技術面について確認しているとか、国の認可を得てやるとか、納得のいく回答が聞けませんでした。9月に環境アセスの準備書が出るということです。