ちょっと一言

幼稚園難民

2008年4月14日

私の知り合いで、息子の子どもを引き取って育てている年配の方に、今年、近隣の幼稚園に入園の予定と聞いていたので、様子を伺いました。
ところが、幼稚園の入園をあきらめたというのです。その理由は、入園するために20万円近くかかるので、経済的に無理だということです。そのことを聞いて、思わず、大田区にいたら入れたかもしれないと、考えてしまいました。
明るい笑顔で、「来年1年生だよ」「ぼく幼稚園に行かなくても、たくさん字を知っているよ」「おばあちゃんにちゃんと教えてもらったもん」と話す幼子を見て、「小学校に入ったら、たくさん友達が出来るといいね」と応えました。

川崎の幼稚園の現状は、公的な援助が少ないので、入園料、保育料が政令市一高いのです。
その上、定員を1割以上も上回って受け入れてもは入れない子どもたちも生まれており、幼稚園難民がたくさん出ています。

公立幼稚園を縮小するときに、低所得者をはじめ、安心して幼稚園に通わせることが出来るように助成を増やすべきと強く訴えました。当時は、教育長も公的助成を拡充すると応えていましたが、わずかな上乗せだけで、いっこうに拡充されません。
それどころか、2つの公立幼稚園を廃園にする予定です。

少子化が叫ばれていながら、川崎市の対応は、ますます子育てしにくい街に変えようとしているわけですから、まさにやり方があべこべです。