議会活動報告

朝鮮学校生徒に、県が学費(入学金、授業料)補助

2013年12月11日

朝鮮学校に対する経常経費補助の予算計上見送りを決めた県が、11日の県議会常任委員会で、救済策として既存の「私立高校等生徒学費補助金」を利用し支援する方針を固めました。

理由について県は、「国際・政治情勢にかかわらず、安定的に教育を受ける機会を確保したい」と説明しています。

福田市長は、昨日県の見送り方針を受け、朝鮮学校の生徒一人月6000円の補助金、合計840万円を支出しないことを決めたばかりのタイミングでの復活です。

私たち党市議団として、昨日申し入れを行い、朝鮮学校への補助金中止撤回を求めました。県の救済策を受け、改めて市長への朝鮮学校補助金の実施を求めて要請する予定です。