議会活動報告

財政力一番をカモフラージュして、市民には「財政が極めて厳しい」? 市民を欺く川崎市の計画を批判!! 2014年第3回市議会定例会代表質問に立つ  

2014年9月16日

image

9月11日の川崎市議会定例会で、私が日本共産党の代表質問に立ち、福田紀彦市長が提案した「行財政改革に関する計画」と「新たな総合計画」策定方針について、「根拠が曖昧なまま殊さら財政の厳しさを強調する一方で、大規模事業を推進することに全力を挙げ、市民の暮らし、福祉の施策は聖域なくゼロベースで見直し、再構築する行革を進め、自治体の使命を変質させる市長の政治姿勢が明らかになった」と指摘。「財政状況の試算根拠は不正確で恣意的な推計をもとにしているのではないか」と批判しました。

市の2013年度決算は、基礎的財政収支が前年度に引き続き黒字で、次年度以降、交付税不交付団体になる可能性もあります。ところが、市は同計画の前提となる「財政収支の中長期計画」は、15年度の収支不足は194億円だとし、少子高齢化の進展などを理由に、今後10年間で1633億円から3941億円の収支不足になるとしています。

私は、市が収支不足とした194億円のうち159億円については、国からの交付税予定額が14年度169億円から15年度10億円に減額されることに伴う減少額だと強調しました。

交付税は需要額と収入額の差を国が補てんするもので、交付税が10億円になったことは、市の財政状況の好転を示すもので「収入の減少ではない」と主張しました。また、入口増による税収増や、高齢者の多くが働き納税することを見ない問題点も指摘しました。 市は高速川崎縦貫道路、臨海道路東扇島水江町線と羽田連絡道路の整備、国家戦略特区のライフイノベーション事業の推進を計画しています。

私は、財政の厳しさを強調する一方で大型事業を推進し、市民の暮らし・福祉の施策については「聖域なくゼロベースで見直し再構築する」とする市民に冷たい市の姿勢を批判しました。