活動レポート

政党機関紙裁判を支援する会総会に参加

2010年4月9日

市職員の思想信条の自由を侵し、物言えぬ職場にしてしまう、阿部市長が行った市職員政党機関紙思想調査裁判を支援する会の総会が開かれました。

はじめに、畑谷弁護士から今後の裁判の展望について語られ、市長の証人尋問が極めて重要ということを報告されました。

また、支援者として何人かの方から励ましの言葉がありました。2010040918590001

思想調査アンケートの後、成果主義の人事評価制度の導入、職員削減によって、職員の職場環境が悪化の一途をたどっています。その結果、メンタルヘルス疾患での長期療養者の増加につながっています。

私は、機関紙裁判を支援する皆さんと力を合わせ、市民全体の奉仕者として、やりがいを持って働ける環境を取り戻していくため、職員の皆さんを励ましながら、共に取り組んでいきたいです。