ちょっと一言

【06.10.05】息子のごはん

2006年10月5日

2006,10,05, Thursday

昨日、自宅で夕ごはんを食べた時、いつに無くご飯がおいしかったです。「このご飯おいしいね」というと、妻は、「かずひさ(長男)が、炊いてくれたの」と答えました。
丁寧にご飯を炊く息子の姿を想像して、食事の手伝いをしてくれるようになったかと成長のよろこびとで本当にうれしくなりました。
日頃の疲れが吹っ飛ぶようなうれしい出来事でした。
食事の手伝いと言えば、内ではたまに手づくり餃子を作りますが、そのとき3人の子どもたちが手伝ってくれます。
特に、一番年少の次男が、意欲的です。本人は、一生懸命お手伝いをして餃子をつくっているつもりですが、餃子と言うよりもワンタンにちかいものです。
それでも、みんなで作った手作り餃子は、焼いて食べると本当においしいですね。