議会活動報告

【2006年第4回定例会(12月議会)】増加する孤独死、医療機関とも連携し対策強化を(2006.12.18)

2006年12月18日

2006,12,18,Monday
佐野よしあき議員は、ある医療機関の地域で、独り暮らしの高齢者が孤独死するケース
が短期間に8件もあり、対策を講ずることが必要と述べ、川崎市の実態と対策について
質問。
 健康福祉局長は、これまで独り暮らし高齢者見守り事業等を実施しているが、「孤独
死の定義は明確ではない」と、実態をつかんでいないことが明らかになりました。
「見守り」から「生活相談」へ対策強化を
佐野議員は、「対策を行なっていながら、孤独死の事例が増えつづけている。こうした
事態を重く受けとめ、対策を講じるべき」と述べ、生活保護受給者の事例が多いことか
ら医療機関との連携を強め、踏み込んだ受診勧奨を行なうこと、生活困窮者の事例から
民生委員の協力も得て「見守り」から「生活相談」へと対策を強化するよう求めました。
健康福祉局長は、「民生委員や医療機関と連携を強化し、1人でも不幸な状況が生じる
ことのないように、ひきつづき対策を講じてまいりたい」と答えました。
市役所からの電話、発信番号通知に改善
 市役所の電話番号通知について、不審な電話には出ないという市民が増えているのに
、役所から来る電話が非通知であることに市民から苦情が寄せられていると述べ、改善
を要求。
総務局長は、「本庁からの電話は来年1月から発信電話番号通知を実施し、区役所・支
所は来年度に実施できるよう現在計画をすすめている」と答えました。
そのほか、川崎区内の認可保育園の待機児解消策、防犯灯の増設など安心安全のまちづ
くりの推進について質問しました。