議会活動報告

区民課オペレーター業務の過酷な実態を告発 第4回定例議会(9月議会)質問

2010年11月1日

DSC03372佐野よしあき議員は2010年第4回定例議会(9月市議会)決算審査特別委員会で質問に立ちました。その内容の要約をご紹介します。

区民課オペレーター業務の事例では、委託業者が変わっても同じ業務を同じ人が継続して行っている実態があります。以前まで経験年数と能力により時給1300円から1200円台となっていたのに、業者が変わっただけで、仕事を続けたいと願う労働者の弱みに付け込んで、経験年数や能力は関係なく一方的な低単価を押し付けているということです。こういう実態について取り上げ改善を求めました。