活動レポート

臨海部の大規模事業計画現地を視察

2010年11月1日

P106015910月15日に、川崎市が進める臨海部の大規模事業計画の現地を視察しました。

東電に無償で貸し付けている浮島の太陽光発電施設用地、川崎市が23億円で取得した1.3ヘクタールの殿町3丁目の拠点、当面1000億円の事業費を計上している国際コンテナ戦略港湾計画の東扇島コンテナターミナル、水江町のリチウムイオン電池の工場など臨海部の大規模事業計画の現地を視察しました。