活動レポート

ガソリン税

2008年4月1日

ガソリン税 5才になる息子が、私に尋ねました。
「パパ、ガソリン入れないの?」
テレビのニュースを見て息子なりに家計を考えたのでしょう、私は、思わず笑ってしまいました。
福田首相は、5才の子どもさえ気にかける国民の生活実態をどう考えているのでしょうか。川崎臨海部から毎年年間3000億から4000億が、道路特定財源として国に納められています。これだけの税金が、道路だけに使われていると思うと、やはりおかしいですよね。

また、度重なる米兵の犯罪で、怒りが沸騰している中で、アメリカ軍に対し、思いやり予算に2100億以上支出されています。さらに、ガソリン税のかからない無料給油活動まで、福田首相は無理やり強行採決して通したわけですから、開いた口がふさがりません。