活動レポート

いわき市からの避難者の声です。

2011年3月17日

今日、いわき市から命からがら避難してこられた方から、相談を受けました。

どれ程怖かったことか、胸が痛みます。
この方たちは、とりあえず市役所が避難所を開設した川崎体育館に一時避難できましたが、停電と寒さで十分に休まれないのではないかと案じています。

環境のいい場所に移せるように、要望しています。

○避難者の声にぜひ耳を傾けてください。

私達が一番望む事は自分の家に帰りたいということです。
地震が起きた直後から停電や断水があり、原発の状態が悪化して不安ばかりで正しい判断が出来ない状態が続きました。

家がなくなった親戚とやっとの思いで連絡がとれてもガソリン不足で給水場にもいけず残りのガソリンを合わせて川崎の親戚の所へ避難する事になりました。車の台数は限られているので那須から電車も使いました。
まだまだ避難したくてもガソリンがなくて移動出来ない人達が沢山います。

食べ物も水もない状態で屋内待機なんて正直出来ません。
大人は良くても子供は我慢することが出来ません。

とにかく情報はテレビかラジオに頼るしかない状態なのに今後どうなるのかハッキリしない事ばかりで安全な所へ避難したいと思うだけです。

東北地方はまだまだ酷い状態です。
一刻も早い救援を望みます。