ちょっと一言

緊急消防援助隊の派遣について

2011年3月20日

福島第一原発への緊急消防援助隊の派遣という任務を承諾したということを伺い、重要な任務であるとは思いますが、本来、国が対応すべきことなのに、なぜ川崎市が受けなければならないのか、自衛隊でさえ危険な活動に、なぜなのかという憤りと、ご家族のことを思うと悔しくて言葉になりません。できることなら受けてほしくないというのが率直な思いです。

任務を途中で断念することも、大切な決断です。くれぐれも、くれぐれも派遣される隊員の皆様のことを最優先にしてください。