活動レポート

大師駅前の視覚障害者のための音の出る信号機設置を川崎警察に申し入れしました。

2011年3月29日

大師駅周辺には、音の出る信号機は、中瀬方面のコンビニと踏切までをつなぐ横断歩道に、信号の変わるときだけ音声が流れるものが付いているところと、あと一か所大師駅前についているだけです。

京急川崎大師駅を利用する視覚障害者から、音の出る信号機の改善と、増設の要望されていました。

28日午後1時半に、大師駅周辺の関係町会の会長さん、作業所の皆さんからお預かりした要望書を川崎警察署に提出しました。

担当者は、時間はかかるが、現地を確認し、県警の方へ上申するとのことでした。

一日も早い設置を引き続き要望していきます。