活動レポート

田島養護学校卒業式に参加しました。

2010年3月16日

24回市立田島養護学校卒業式に参加しました。
今年の卒業生は、小学生2名、中学部8名 高等部17名でした。

川崎市は、高等部卒業生「在宅0」をモットーにしているということで、卒業後の進路を確保することについて、先生方が必死になって受け入れ枠確保に奔走されるということを伺いました。
年々、生徒が増え続ける一方で、受け入れる企業が減り、作業所も定員の限界を迎える中で、本当に苦労されながら今年もすべての卒業生の進路を定めることができたということです。

そういうお話を伺った後、卒業式に参加しました。

高等部の先生が、声を詰まらせ生徒の名前を呼びあげている姿を見て、思わずもらい泣きをしてしましました。

これまでは、ご家族、友達、先生方の温かい人間関係のもとで、楽しいことやうれしいことなどにあふれる毎日を過ごされたとのことですが、高等部の卒業生の皆さんは、つらいことややりたくないことなど、新しいことへの挑戦が始まると思いますが、勇気を持って取り組んでほしいと切に願わずにはいられません。

校長先生をはじめ、養護学校の先生方に心から敬意を表し、感謝致します。

これからは、この子たちをしっかりと支えられるような川崎市にするために、今度は私たちが引き続き奮闘していきたいと思います。

卒業生の保護者の皆様、本当におめでとうございます。