活動レポート

ミューザかわさきシンフォニーホールの被災現場視察

2011年5月16日

IMG_1937新聞で報道されている写真

5月13日にミューザかわさきシンフォニーホールを視察しました。

震度5弱(幸区)の揺れで、これだけの被害を発生させる原因について、
ただ単に、天井の施工不良なのか、設計ミスなのか、建物自体で、地上の揺れが、上部に伝わる間に共振してしまう構造上の問題なのか、慎重に調査することが求められます。

IMG_1932

パイプオルガンへの直接的な被害は少ないのですが、パイプの中にほこりやがれきの破片が入り込み、海外から技術者を呼ばなければならないとのことです。

IMG_1942

パイプオルガン前には、空調設備が一緒に落下していました。
出来るだけ早く復旧したいという声もありますが、構造上の欠陥があることも含め、
復旧した後に再度同じ被害を繰り返さないために、慎重に調査検討するべきと考えています。